*

デザイニングなアパートに住みやすい住環境

デザイニング・アパートに住んでみたいです。オシャレな外観で、パッと見にアパートとは思えないけれど、一つ一つの部屋はしっかりとプライベートが確保された部屋があり、簡単な家具や家電がついている部屋と、家具家電がない部屋が両方選べるタイプのものが利用者の立場から言えば、嬉しいですね。学生や若い時は自分好みの家具や家電は持っていないし、手軽な引っ越しをした場合などそんな時このようなアパートがあると、とても住みたいです。部屋の中は凝った作りではなく、できるだけシンプルで、1Kだとしても、キッチンと部屋がドアで仕切られているタイプのものがいいですね。また入居者自身が自由に壁紙を選べる、オプションがあったりするとさらに住みたくなりますね。オフホワイトの普遍的な壁も悪くはないですが、壁に明るくてポップなウォールステッカーなどが貼ってあったり、可愛い壁紙など選べたらそれだけで気持ちが上がります。 アパートに住むなら2階以上で、ベランダがあるのが一番いいですね。南側に畳一畳分のベランダがあるだけで、アパートの価値が高まる気がします。部屋よりもキッチンに採光が入る間取りの方が、しけらずにキッチンを多く利用する者には利用しやすいです。また臭い対策にしても、排水溝から上がる臭いには、常に清潔にできる環境が求められるので、その点を考慮しても通気性のあるキッチンが一番選びやすいです。 アパートに住んだ経験から、どうしても周囲の騒音問題というのが見逃せません。新しいアパートであっても、隣の部屋の気配というのはどうしても感じやすいものです。騒音対策がある程度されたアパートだと、プライベートな空間をより強く感じられ、周囲の音に悩んでアパートは住みたくないと思っている方も住みやすくなるかもしれません。私自身、学生の頃に友人のアパートと、自分のアパートで感じた物音は、新しいアパートでも少し古いアパートでも感じてしまうものだったので、その点緒配慮も大切です。 あとはゴミ出しです。できれば24時間住人なら自由にゴミを捨てられるゴミステーションがあるのがいいですね。人によってはゴミステーションの有無で借りるか借りないか判断する人もいるようで、マンションに限らずアパートにもゴミステーションがあるのはとても利点が高いです。パーティで大量のごみが出たときや、料理好きの者にとっては、ごみをこまめに出したいものです。 マイホーム夫リストラ


コメントする